Locky Stumlbler


アクセスポイントの情報を収集するLocky Stumblerアップロードされたログファイルを解析・結果表示

Feature
周囲にあるアクセスポイントの情報を表示
BSSID,ESSID,RSSI等の情報や,システムを起動してから発見したアクセスポイントの累積数を表示します
データ収集からアップロードまでの一連の作業を支援
ログの記録・停止を直感的な作業で行えます
アカウント情報を保存すればアップロードの作業を自動化できます
収集結果を地図上に表示
地図サービスとの連携により収集結果を視覚的に確認できます

Requirements
必須環境
無線LANが利用可能なWindows OS(XP以降推奨)
Java version 1.5以上の実行環境  >> JDK 5.0(version 1.5)
  バージョンの確認方法: コマンドプロンプトに「java -version」と入力してください
推奨環境
Locky.jpで動作確認済みの無線LANが利用可能なWindows XP SP2
Java version 1.5.0
NMEA出力に対応したGPS(Locky.jpではGarmin社製のGPSで収集を行っています)
  ※GPSが無いと連続した位置情報を取得することができません

Install
Locky.jpのソフトウェアページよりダウンロード
ZIPファイルを解凍
ライブラリ,サウンドファイル,実行用バッチファイルが出力されます

以上でインストールは終了です

How to Use
Locky Stumblerの起動
解凍したフォルダ内にある「run.bat」で起動します
GPSの設定
メニューバーの[Edit > GPS]を選択し,GPSが使用している使用COMポートを設定してください
GPS機器側の座標系をWGS-84,通信方式をNMEAに設定してください
Locky.jpアカウント情報の設定
メニューバーの[Edit > Setting]を選択し,Locky.jpで登録したアカウント名とパスワードを入力します
ログファイルの記録開始・終了とアップロード